湯奴-yuyakko-

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湯奴-yuyakko-

元・社畜の雑記。V系と女性アイドルとアニメが好きだから毎日忙しい。

スポンサーリンク

親に口出しされずにライブに行ける最高

f:id:yuyakoyu:20170525202915j:plain

 

どうも、湯屋こゆです(`∨´*)


私はいま実家を出て、彼氏と同棲をしています。


私はV系や女性アイドルやアニメが好きで、彼氏もV系やフォークシンガー、アニメが好きです。
私の好きなアイドルが出るライブに彼を連れて行ったり、彼が好きなシンガーソングライターのコンサートに連れて行ってもらったり、各々一人でライブに出かけたりしています。


今でこそ色々なライブを楽しんでいますが、実家に居る頃は、両親がライブに理解がなく、せっかくの楽しいライブも、両親からの言葉で憂鬱な気分になることが多々ありました。


どうして私の両親はあんなにライブに理解がなかったのか、考えてみたいと思います。

 

■高校生のときに行った初ライブ


初めてのライブは親に許してもらえるかビクビクしながら頼んだ人も多いのではないでしょうか。
私もその一人です。


私の初ライブ参戦は高校生の時、演劇部の大会で出会った他校の女の子に誘われて行った、Psycho le Cému(サイコ・ル・シェイム)のツアー、大阪公演でした。
10年以上前のことで、どのツアーだったのか全く覚えていないのですが、
その時に運よくゲットしたAYAのピックは今でも大切にとってあります。

f:id:yuyakoyu:20170525203416j:plain

これね。これでいつぐらいのか分かる人いるかな?

 

f:id:yuyakoyu:20170525203453j:plain

ウラ。…おにぎり?


ライブはYURAサマが「激愛メリーゴーランド」でドラムをほっぽり出して、1番前まで出てきて踊りだしたのが一番印象に残っています。
他にもオープニングSEが何故かナウシカだったり(ランランララランランラン♪ってやつ)AYAがだいたひかるのネタ(どーでもいいですよ)やってたり、とても楽しかったです!


で、そのライブがあったのは日曜で、土曜のうちに電車で大阪まで行って(私は東海在住)誘ってくれた女の子の知り合いの家に泊めてもらおうという話でした。
私と同い年なのに、ライブに何回も行っていて、遠く離れたところに泊めてもらえるような友達が居るなんて、私にはその女の子がとっても大人に思えました。


ライブというものに行ってみたかった私は、誘われたその日にOKし、すぐに両親に話しました。

 

 

■分かっちゃいたけど猛反対

当たり前のように猛反対されました。
その誘ってくれた女の子はどこの高校のどんな子だと聞かれ、
ライブ会場はどこだ、泊まらせてもらう家の住所を聞いてこいと言われ、
会場と泊まらせてもらう子の住所を地図で調べ上げられました。


その当時はたかがライブに行くだけで何でこんなに怒鳴られなきゃいけないんだと怖くて悲しくて仕方なかったですが、今思えば娘が自分たちの知らない場所へ知らない子と出かけるのが心配だったのだと思います。しかも奇抜なV系。


大学生になるまで今後ライブには行かないという約束を取り付けられ(なんでや)
なんとか許しを得て、ライブに行けることになりました。

 

■年に1回まではよかった

結局その後、高校時代は私はライブに行くことはありませんでした。
大学生になってからは、友人とアニメロサマーライブに行きました。アニソンのフェスだと思ってください。目当ては石川智晶です。
「ぼくらの」のOP、アンインストールが一番有名かな?おおええああええおおおおおおえのやつね。誤字じゃないよ。


アニサマは関東開催で、東海在住の私たちは遠征しなくてはいけなかったのですが、
年に1回しかないので、怒られることもなく、存分に楽しむことができました。
一緒に行く友人を母がいたく気に入っていたので、そこもよかったのかもしれません。

 

 

 

■年に3回はアウト

f:id:yuyakoyu:20170525204824j:plain


私は2010年に友人と一緒にゴールデンボンバーを好きになり、以降、
全国ツアーに2回、対バンイベントに1回、年に3回はライブに行くようになりました。
バンギャとしてはかなり少ない方です。


本当はもっと行きたかったのですが、ある日、ライブに行きすぎだという理由で
母親に涙を流しながら怒られました。
父親には「そんなもの何回も行って何になる!」と怒鳴られました。


私は毎月8万円は貯金していたし、(今は実家出たのでそこまでできてません)両親に生活費も4万円渡していました。
遠征費のことを考えても、お金に困るほどライブに行っていません。


何でそんなに非難されなくてはいけないのか分からず、悲しかったし、少し引きました。

 

■両親はライブの経験が皆無

考えてみると、両親はライブやコンサートと呼ばれるものに行ったことがありませんでした。
経験したことがないから、お金を形の残らないライブというものに使うことの楽しさが分からないんだと思います。


言ってみれば、旅行に出かけるのだって、形には残りません。
でも、旅行なら両親もしたことがあるし、その楽しさも知っています。


もし、3万円を自由に使っていいと言われたとして、ライブに行くと言えば怒られるし、友達と旅行に行くと言えば笑顔で送り出してくれるでしょう。

 

■両親は趣味がない

二人ともこれといった趣味がありません。
母は演歌が好きですが、CDを買うこともありません。
父は地図を眺めるのが好きですが、頻繁に出かけることもありません。


没頭できる趣味というものがないので、何かにお金をつぎ込むという行為を理解できないのだと思います。

 

■お金に余裕がない

f:id:yuyakoyu:20170525205026j:plain


私の両親は長時間(朝8~夜23時)働いていますが、お給料はそれに見合ったものではありません。
貯金はあるはずですが、両親にとって安心できるような十分な額ではないんだろうなとは思います。


お金に余裕がないと、心に余裕がなくなるのは両親を見ていると痛いほど分かります。
歳を重ねるにつれ、二人ともピリピリして仲が悪くなってきました。


特に趣味もなく、稼ぎも十分ではないから、質素に暮らしている。
そうやって自分たちはお金を使わないように生きている中、私がライブに何度も何度もお金を使っていることに怒りを覚えてしまったのではないかと思います。

 

■本当は羨ましいのでは?

ライブの経験がなく、趣味もなく、お金のことを不安に思っている。
でも私は、ライブの楽しさも知っていて、他にも趣味があり(読書とかマステ集めとか)、両親ほどお金に心配を抱いていない。


これは私の勝手な持論なんですが、
ライブに行くとか、舞台や映画を観に行くとか、ツーリングやドライブに出かけるとか、カフェめぐりをするとか、とにかく何かを頻繁に楽しんでいる人を見たときに
いいなぁ楽しそう!と思う人は心に余裕がある人、
何でそんなことしてんの?と卑屈になる人は心に余裕がない人だと考えています。


そして心に余裕がある人は貯金があるないに関わらず、お金の心配をあまりしていない人だと思います。


どちらも根底にあるのは「羨ましい」という気持ちだけど、
それが羨望と出るか嫉妬と出るかは、その人の心の余裕の問題。


私の両親は「羨ましい」気持ちが嫉妬となって、楽しんでいる私に怒りをぶつけてるんじゃないかという結論に至りました。

 

■コンサートに行ってもらおう!

ライブの楽しさが分からないなら知ってもらおう!と思い、
父は好きな音楽がないようなので、母に演歌のコンサートに行ってみたら?と提案しました。
予想はしていましたが、チケット代が高い、チケットの取り方が分からないとの返答。


そこで私は、母の友人にも演歌が好きな人がいるので、母と母の友人の二人分のコンサートチケットを購入、プレゼントしました。
年に1回開催されている、演歌歌手が20名近く出るフェス的なコンサートです。


これが大成功で、母はコンサートをとても楽しみ、今では毎年父に頼んでチケットを購入してもらってるそうです。


そのコンサート以外にも、演歌歌手のワンマン公演にも足を運んだそうで、
ライブに何回も行く私の気持ちが少しは分かってもらえたかな?と感じています。
たまに会うと「ゴールデンボンバーのライブ行った?」って聞いてくれるようになりました。


父に関しては、うん、何も解決してないんですけど…それでも私にとってはかなり大きな変化です。

 

■まとめ

・ライブ経験も趣味もない、お金の不安だけは有り余る両親に、ライブに年3回行っただけで泣かれて怒鳴られたけど、それは楽しそうな私が羨ましいんじゃない?


・母にコンサートチケットをプレゼントしたらとても喜んでくれて、コンサートの楽しさを知った母からの風当たりが少し和らいだ気がする

 

まぁ母がコンサートに行くようになったと言っても年に2、3回程度です。
実家を出てから私が年に10回以上ライブに行ってると知ったら怒るでしょうね!!!!
誰の許しも得ずにライブ行けるって最高!


こゆ彼もギャ男なので、ライブへの理解があって最高にらくちんです!
今週末はこゆ彼が気になってるバンド「嘘とカメレオン」が出る対バンライブに行ってくるよ!!!!

開始4秒でアナタは絶対ふきだす。


その次の週はサカスプで「ベッド・イン」「ぜんぶ君のせいだ。」「コレサワ」「奥村愛子」を見てこようと思ってるよ!!!!フーゥ楽しみ!!!!


ではでは今回はこのへんで。

 

 

スポンサーリンク